| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

春からマニアック!


女性向けBLゲームの感想を中心に、日々適当に更新するブログです。
大正メビウスライン 千家×京一郎の二次創作小説サイト始めました!良かったら遊びにいらしてくださいね。
幼稚園妖怪が泣ける件について
0
    JUGEMテーマ:テレビ番組
    いつも見ているわけではないが、さっき「笑ってこらえて」を何気なく見ていたら、着ぐるみを着て「幼稚園妖怪」に扮し、幼稚園児と触れ合うというコーナーがあった。

    今回着ぐるみを着たのは菊地亜美さん。
    若干不気味な「幼稚園妖怪(女の子版)」は、妖怪アイドルになるべくオーディションを受る予定だが、合格するために園児の力を借りるというもの。

    そこに登場した、「なる君」という少年(リアル園児)の賢さ、純粋さに心を打たれた。
    難しい言葉も知っているし、幼稚園妖怪が1位になるために、いろいろな工夫を施してくれる。また、彼の将来の夢は、出来るだけ多くの人の命を救うレスキュー隊員ときた。
    ちょっと大人びた口ぶりも、少年の真っ直ぐさと相俟って、すごく心に響く。

    幼稚園妖怪がオーディション合格の報告をし、なる君と別れる様子は、まるで悲恋のラストシーンを見ているようだった。
    「花咲くまにまに」和助ノーマルエンドを初めて見たときのような、じわじわとした感動があった(あんときはボロ泣きしました)。
    春先ってのもあって、心が感じやすいのかなぁ。

    たまには、こんなフツーな話題を書くのも、備忘録的でいいかもです。
    web拍手
    |20:07| 笑ってこらえて | comments(0) | - | posted by あぴ清十郎 [API Seijuro]
    | 1/1 |
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.